July 10, 2012

宮城での支援活動レポート(2012/7/1)

7月1日、支援活動の為、宮城県塩竈市に行ってきました。

この日は、塩竈文化大使の畑中みゆきさんが中心となって企画されていた塩竈市浦戸諸島の桂島での「塩竈浦戸のりフェスティバル」に参加する為に行ってきました。


「塩竈浦戸のりフェスティバル」とは
塩竈浦戸諸島では、悠久の昔から島の先人たちから受け継いできた、高い品質ののり作りの歴史があります。しかし、一昨年のチリ地震津波・昨年の東日本大震災の大津波によりとても大きな被害がありました。それでも、島の人たちは負けずに新たな一歩を踏み出しています。
ふたつの大きな震災からの復興の願いを込めて、豊かな島ならではのお祭り、楽しい!美味しい!歌って踊れるノリノリなのり祭り!『浦戸のりフェスティバル』を開催します!


今回は、この「塩竈浦戸のりフェスティバル」の為に作った「のりは海の贈りもの」(作詞 : 塩竈市の小学生達 & 平間至 & ATSUSHI / 作曲 : 佐藤達哉)という楽曲の踊り振り付けを行い、地元の子供達がその踊りの発表を行いました。
約900名の方が桂島に来島し、多くの笑顔に包まれた素晴らしい一日となりました。


2010年9月から島に足を運ばせてもらうようになりましたが、今回、このような形で、皆さんの力が集まり、一つの形が作れた事を素晴らしく思っています。
この一日が、浦戸諸島の今後に繋がっていく事を願っています。


この「塩竈浦戸のりフェスティバル」の為に、中心となって活動した塩竈文化大使の畑中みゆきさん、浦戸諸島の皆さん、塩竈市役所の皆さん、関係者の皆さん、そして参加された多くの皆さん、お疲れさまでした。


浦戸諸島の皆さん、またお会いできることを楽しみにしています。


ATSUSHI


20120701%20A.jpg

20120701%20B.jpg

20120701%20C.jpg

20120701%20D.jpg

20120701%20E.jpg

20120701%20F.jpg





Power of Life Goods